モノを捨てる基準(初級)「いつか必要になるだろう」は二度と訪れない

投稿者:

掃除をしようと一念発起!しかしいざ始めてみると「捨てられない」壁に出会います。

思い出の品や、長い間使っていないモノなどを「いつか必要になるときが来るだろう」と、捨てることをためらっていませんか?

なかなか断捨離がない方のために今回は、モノを捨てるときの私なりの基準をご紹介します。

捨てるモノには、すぐに捨てられるチラシのようなモノから、捨てようと思いもしなかった思い出のモノまで、さまざまな断捨離の難易度があります。そして、断捨離を実践する上でひとつの壁として立ちはだかるのが「捨てるのをためらってしまうモノ」。

しかし、やり方や考え方さえわかっていれば、何も難しく考える必要はありません。

今回は断捨離をする上でも難易度の低いものに絞ってご紹介します。

「いつか使うかもしれないモノ」は捨てられますか?

「いつか必要になる」ときはやってこない

あなたの部屋の中に、隅に置かれたまま放置されているモノはありませんか?普段使わなくとも便利がゆえに残してしまうことは、よくあることです。実際に私も、同じ理由で買って5年以上たつホームベーカリーを捨てられずにいました。それがもう3年も使っていないにも関わらず・・・お恥ずかしい限りです。

このようなモノに対しては、考えるポイントはたった1つだけです。

1年以上使っていなければ断捨離してOK

1年以上使っていなければ、迷わず断捨離してください。なぜなら、今後も使う機会は訪れないのですから。

あなたが本当に大事にしているモノであれば、多用する機会はなくても年に何度かは取り出してみるのではないでしょうか?

「もったいない」のは、モノではなくスペース

よくモノを捨てるときに「もったいないから、とっておこう」と捨てずにいることってありますよね。この「もったいない」という言葉は非常に便利ですが、よくよく考えてみるともったいないのは、「(使っていないものを捨てるのは)もったいない」ということではありませんか?

もしそうなら、こう考えなおしてみましょう。

「(使わないモノでこのスペースをムダにしているのは)もったいない」と考えてみるのです。

モノはたくさん手に入っても、あなたの暮らす空間は有限です。貴重なスペースは、あなたにとって心ときめくモノで埋め尽くしたいですよね。

せっかくの貴重な場所を、使わないモノで「塩漬け」してしまうのはもったいないことなんです!

参考:家に置きっぱなしのモノにはお金がかかっている

まとめ

断捨離には、簡単なことから難しいことまで千差万別です。最初から無理をして全部捨てようと思う必要はありません。

あなたの心が幸せになることを最優先に大事にしてあげてくださいね。

次回はやや難しい、「なくても暮らしていけるモノ」を断捨離する方法について解説いたします。

ちなみに実際に掃除をする際は、「捨てるモノBOX」「捨てないモノBOX」「捨てるか迷うモノBOX」で分けてモノを入れていくことがおススメです。また改めて記事を通じてご説明しますね!(5/30 記事更新しました!『帰宅後10分で掃除できる、迷わず簡単にモノを捨てる方法』)

次回は「あるに越したことはないモノ」の断捨離方法について解説します。

PC・スマホ・タブレットで読書を。19万冊以上取扱い

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です