帰宅後10分で掃除できる、迷わず簡単にモノを捨てる方法

投稿者:

掃除を簡単に終わらせる方法
毎日モノを捨てる習慣ができれば、休日にまとめて掃除をする必要もありませんし、毎日スッキリした空間で過ごすことができます。

しかし実際には、モノを毎日整理しようと思い立っても、規則的に帰宅ができず夜遅くなった日をキッカケにモノがたまりはじめ、気が付けばこの間掃除をする前と同じ状態に。

日頃から周りを清潔に保ちたいと思いつつも、家に帰ってからはなるべくゆっくりとリラックスしたいですよね。

そこで今回は、帰宅直後にもできる、迷わず10分でモノを断捨離する方法をご紹介します。

帰宅してすぐに実行する

掃除を簡単に終わらせる方法

帰宅してからは、脳も身体もお休みモードになり、何かをしようと思ってもどんどん腰が重くなるばかりで、一向に捗りません。事実私も疲れて帰宅すると、片づけをしようにもなかなか手が動かず・・・汗

そこで、帰宅後に最も簡単に実行できる「帰宅後10分間」で断捨離をしてしまいましょう。この時間で断捨離ができれば、以降の時間で掃除の心配をする必要はありませんし、何よりリラックスして休むことができます。

例えば、帰宅後10分間はカバンの中に入っている書類を整理したり、テーブルの上に乗っているモノを掃除してみるなど、実行が簡単な箇所を掃除することがおススメです。

判断をしない

掃除を簡単に終わらせる方法すでに前述しましたが、夜は思考力・判断力が低下してしまうため、私たちは早く・正しく物事を見分けられなくなります。そのため、この時間帯でも断捨離をするポイントは判断をしないことです。一度判断をし出すと他のことに手がつかなくなり、睡眠時間に影響が出てしまうことも。そうなっては元も子もありません。

捨てるモノは捨てる、捨てないモノは捨てないの2択ではなく、判断できない時の「保留ゾーン」を作っておくことで、必要かわからない時のクッションとして活躍しますよ。

残すモノと判断できないモノを箱で管理する

掃除を簡単に終わらせる方法

いちいち仕切りを作ったり、いるモノや判断できないモノを移動させる場所を考えたりするのは正直大変です(夜ですから)。

なのであらかじめ、いるモノを入れる「いるモノBOX」と、いるかどうか判断ができないモノを入れる「保留BOX」を作っておくことをおすすめします。いらないモノはすぐにゴミ箱へ移動するため必要ありません。

私は普段、ボックスを使って帰宅後の断捨離を実践しています。普段はいるモノBOXと保留BOXとして、来客の際は「何でもBOX」として、おもてなしに必要のないモノを一時的に入れておくスペースにして活用しています。

ボックスを2つ使い、日頃からいるモノと保留するモノを入れておくことができれば、いざ掃除をする時、ラクにモノを捨てることができます。

いるモノBOXに入っているモノは、日用品や本などとカテゴリ毎に分けて収納します。保留BOXに入っているモノも同様にカテゴリに分けた後、「1年後も使い続けるかどうか」などを基準にして最終判断をしています。

余談ですが、保留BOXに入るモノからはほとんど必要なものは出てきません。そのほとんどは「あるに越したことないモノ」や「捨てる理由がないモノ」が入っていきます。

まとめ

家に帰ってからも、10分だけでも最後の力を振り絞って断捨離することができれば、日ごろから部屋をキレイにすることができるだけでなく、掃除をするときにも簡単に進めることができます。

捨てる習慣を簡単に実践するためにも、ぜひ箱のようなモノを用意して半自動的にモノを入れられるスペースを作ってみてくださいね。

PC・スマホ・タブレットで読書を。19万冊以上取扱い

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です