収納の原則(引き出し編)ー3つのコツから収納術を学ぶ

投稿者:

引き出し収納の原則は3つのコツに学べ
収納は、やり方さえ覚えれば簡単にスッキリさせることができます。

いつも使う引き出しは特に、よく使うからこそゴチャゴチャになりやすく、何度も収納しては散らかし・・の繰り返しになってしまいがちです。

今回は収納術の中でも「引き出し」をピックアップして、収納の原則をご紹介いたします。

引き出し収納のキーワードは”MTT”

MTTとは、引き出し収納の原則をまとめたキーワードです。

M=まとめる(カテゴリ毎に分ける)
T=たたむ(四角にたたむ)
T=立てる(寝かせず立てる)
この3つを覚えて実践するだけで、ほとんど全ての引き出しに応用することができるようになります。

具体的なやり方とポイントについてみていきましょう。

①まとめる

引き出し収納の原則は3つのコツに学べ

収納をする上で大事なコツの1つが「まとめる」ことです。引き出しにモノを収納していくときに、同じカテゴリーのモノは基本的に同じ場所に収納していきましょう。

よく、パジャマセットや旅行用といった分類でまとめられる方がいらっしゃいますが、それだと大きさがバラバラになりがちで限られたスペースを有効に使いづらくなってしまいます。

なので、収納するときは以下のポイントを覚えておくと良いでしょう。

ポイント「ヒト、モノ、ソザイ」

まずは家族のメンバー毎に分類して、誰がどこの引き出しを使うのかを決めていきましょう。その次に衣類をカテゴリー(下着・シャツなど)毎に分けていき、最後に素材が近いモノを近い場所に収納していきます。

そうすると、どこの引き出しを開ければ目的のモノが見つかるのかが一目瞭然で分かりやすくなります。

②たたむ

引き出し収納の原則は3つのコツに学べ

2つ目のコツは「たたむ」です。基本的に衣類は、たたむと引き出しに余計な空気が入らないため、たくさん収納できるようになります。逆に言えば、たたまずに収納したりたたみ方がバラバラだと、引き出しの中に余計な空気が入ってしまい、せっかくのスペースを100%使いきれなくなってしまいます。

また、たたむ際はなるべく引き出しの形に合わせて四角くたためると余分なスペースを作らずに収納することができます。

ポイント「とにかく何でもたたむ」

どんなあっても、素材が特殊でない限りたためるはずです。冬物の厚めな素材であっても、うまくたためば四角くコンパクトにまとまります。

ちょうど片づけコンサルタントとして有名な「こんまり」先生がたたみ方の動画をご紹介してくださっているので、よければ参考にしてみてください。

③立てる

引き出し収納の原則は3つのコツに学べ

最後のコツは「立てる」です。平らにたたんだり収納したりせず、立てて収納をすることで引き出しを開けたときにパッと全体を見渡すことができるようになります。

この収納術は、衣類に限らず文房具や調理用具でも一緒で、なるべくタテに積み重ねずに立てて並べることでモノを探しやすくなります。

ポイント「高さを活用する」

多くの引き出しは、20㎝前後の高さがあるため、その高さに合わせてモノも立てられるように収納すると、高さを最大限に活かしてキレイに収納することができるようになります。

先ほどご紹介した動画では、立ててたたむ方法がご紹介されているため、合わせてご活用いただけると一気にMTTが捗るようになります。

まとめ

収納の原則は”MTT”です。3つのコツを押さえておけば、おおよそすべての引き出しを収納するときに役に立つはずです。

断捨離を進めていくためには、収納術を身に付けると共に「収納するモノを減らす」ことも大切です。

また改めて、衣類の断捨離術をご紹介していきます。

今日のチャレンジ

「一番よく使う引き出しを整理する」

PC・スマホ・タブレットで読書を。19万冊以上取扱い

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です