1/10,000になれる人は、2つのルールを守っているだけだった

投稿者:

習慣を継続させるコツ
周りに左右されず、大成功を収めている人はおおよそ1人/10,000人と言われています。

その人たちの共通点は実はシンプルで、「やりたいこと・実現したいことを習慣として継続した」ということです。

一見難しく感じられる習慣化と継続ですが、実はこれらは2つのルールを守ることで簡単に実現が近づくことが分かります。

したいことを継続すると、気づけば自分だけの幸せを手にできる。

習慣を継続させるコツ

私が尊敬してやまない方の1人が、中谷彰宏さんです。

大手広告代理店に入社した経歴を持ちながら、作家や俳優にセミナー講師など、本当にマルチな才能を発揮している大先輩です。

そんな中谷さんが発したある言葉に、断捨離の暮らしとも密接につながる”ある言葉”があります。それは、

何かをしたい人、10000人。

それを始める人、100人。

それを続ける人、1人。

by 中谷彰宏
というメッセージです。

この言葉を読み解くと、このようなことが分かります。

したいと思っている人は、自分以外にもたくさんいる
しかしほとんどの人は、やらずじまいのまま
仮に始めたとしても3日坊主に終わってしまう
例えば「断捨離を目指したい!」と思ったとしても、実際に描いたような断捨離生活を送れている人は10,000人に1人ということになります。

一見すると成功するには大変な努力と才能が必要に思えますが、多くのシーンで活躍する中谷さんの成功の秘訣は本当にシンプルです。

それは、「続ける」ということ。

もう少し具体的に言えば、次の2つのルールさえ守っている人が、理想の暮らしを実現しているということです。

したいことができたら、その日のうちにやってみる。
1秒でもいいから、毎日続けてみる。
このルールさえ守っていれば、断捨離に限らずほとんど全てのコトは実現できることが分かります。

実践のための3つのコツ

まずは続ける環境を整える

私たち人間はとにかく怠け者です。それは脳が変化を必死に止めようとするからです。

(参考:『だから私は変われないー変化を阻む「2つの壁」を乗り越える方法とは』)

そのため、できる限り慣れ親しんだモノを断捨離して、新しいモノに取り組める環境をつくってみましょう。

例えば、

SNS関連アプリを開きにくいように毎回ログアウトする
テレビの電源を切り、リモコンを押入れの中にしまう
帰宅した瞬間シャワーに入れるように、お出かけ前にパジャマをセットしておく
など、身近なところから環境を変えて行くことで、習慣の継続を阻む誘惑を軽減することができます。

とにかく20日間続けてみる

習慣を継続させるコツ

物事を習慣にするには、20日間が目安と言われています。

20日間続けるとき、完璧を求めてはいけません。20日間欠かさず続けることで、「継続できた」という自信につながります。

そのため、始めのうちや疲れたときは、それっぽいことができれば合格としてあげてください。

完璧にこなすことよりも、とにかく続ける方が大事なのですから。

私が早起きの習慣を作りたいと思ってから最初の1週間くらいは、「昨日より1分でもいいから早く寝る」ができれば合格にしていました(笑)

それでも20日間が経った時には、自然と早く寝て早く目が覚めるようになっているものですから、不思議なものです。

まとめ

1人/10,000人になるため人は、習慣を継続できる人です。

彼ら・彼女らは習慣を継続するために、「すぐに始める」・「とにかく毎日続ける」ことをルールにしています。

私たちが習慣を継続するためのヒントは、次の3つです。

環境を整える
まずは20日間継続する
完璧を目指さない
習慣を継続させるコツ

PC・スマホ・タブレットで読書を。19万冊以上取扱い

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です